新卒採用サイト

「総合物流」の進化をともに。

我が社の魅力は、物流センターの現場力の高さとクオリティ 我が社の魅力は、物流センターの現場力の高さとクオリティ

大学で物流について学んだり、ロジスティクスの論文を書いたり、倉庫でアルバイトをしたりしたことが、物流業界を志望したきっかけでした。社会に不可欠なインフラという意味でも、やりがいのある仕事だと思いました。赤羽君が物流に関心をもったきっかけは何だった?
最初は幅広い業界を見て回りましたが、その中で国際物流に関心を持つようになりました。メーカーなどの営業とは、また違った頭の使い方をする仕事だなと思ったのが、国際物流に興味をもったきっかけでした。また就職活動を通じ、国内・海外問わず物流の仕事に携わるうえで実際にモノが動いている現場の知識を身につけることも大切であると感じ、国際輸送から物流センター事業までトータルに事業展開している会社を志望しました。
最終的に三井物産グローバルロジスティクスへの入社を決めた理由は、何だったの?自分は、倉庫見学をしたことがすごく大きかった。どんな業務をするか、イメージしやすかったことが入社の決め手になった気がする。
僕も三井物産グローバルロジスティクスの現場力にとても惹かれました。現場をしっかり学んだうえで、業務の幅を広げていきたいと考えていましたので、とても魅力的でした。
倉庫の立ち上げ業務にも携わったことがあるけど、何もないスペースから、お客様に商品を届けるまでの仕組みを一からつくり、それを運営していく現場の面白さがあるよね。赤羽君は、入社前に部署の希望はあったの?
入社前から、現場力を身につけたいと思っていましたので、流通センターへの配属は希望通りでした。マンツーマンリーダー制度で新入社員のインストラクターとして林見さんにもお会いできました(笑)。

物流+αの創意工夫とアイディア出しが、確かな自己成長へ 物流+αの創意工夫とアイディア出しが、確かな自己成長へ

赤羽君は、今、入社2年目だけど仕事には慣れてきた?入社当初は、物流における流通加工の細かさにびっくりしていたよね。
商品の価値を高めるために、包装や梱包、封入、検品など、物流センターでは、こんな細かなことをやっているのだと、最初は驚きました。物流センターの仕事は、商品を入庫、保管し、出荷するだけではないのだと。ですから、最初の1年間は事務オペレーションを覚えるのに、精一杯でした。林見さんは、アパレルから通販雑貨、健康食品まで、さまざまな商材を経験し、さらに中国での物流センター業務の経験もあり、いろいろなことを教えてもらいました。
今まで、人に教えるという経験がなかったけれど、自分の経験を人に教えることで、これまでの知見を改めて確かなものにできたので、自分にとってもいい経験になったよ。入社2年目から、現在の輸出向けの主担当になったんだよね?
林見さんをはじめ、先輩の方から日々指導を受け、知識と経験が増えていることを実感しています。お客様と直接やりとりをする機会も増えましたし、作業員の方からも、少しずつ頼られるようになってきたと思っています。
今の業務のどんなところに面白さ、やりがいを感じているのかな?
出荷スケジュールや作業メンバーのシフト、各担当業務の納期など、みんなの協力を仰ぎながら、日々のタスク管理を行っていますが、限られた時間、人員の中で、いかに効率的に業務を進めるか、自分なりの創意工夫やアイディアを活かせるところが、面白さでもあり、やりがいにもなっています。
営業の仕事などとは違った頭の使い方に興味をもったと言っていたけど、物流センターの仕事は、効率性や生産性を上げるために何ができるか、そこが面白さの一つだよね。今、物流+αのサービスが求められているので、それをどうやって物流の側面からお客様へのサービスとして展開できるか、描けるかが大きなテーマになっている。自分も、そのためのいろいろなアイディアを張り巡らすことが、大きなやりがいにつながっているよ。

物流+αの創意工夫とアイディア出しが、確かな自己成長へ 物流+αの創意工夫とアイディア出しが、確かな自己成長へ

赤羽君は、今後、どんな成長をしていきたいと思っている?
今は、お客様や上司、現場が私に何を求めているのか、何を欲しているのかを考え、それをあらかじめ察することが大切なことだと思っています。そのためには、常にアンテナを高く張り、いわゆる指示待ち人間ではなく、自分から積極的に行動に移せるように意識とスキルを高めていきたいです。
アンテナを高く張ることは、とても大事だよね。気づきや気遣いは周囲に気を配る必要があり、神経を使うと思うけれど、自分の成長にはとてもプラスになると思う。自分の場合、いろいろな商材と、語学研修や海外勤務なども経験させてもらい、業務の幅や仕事の場が広がったことが成長につながったと思っている。赤羽君の将来の目標は?
国際物流に興味をもって物流業界を志望したこともあり、将来はやはりフォワーディング業務や通関業務にも挑戦したいと思っています。
当初、あまり海外勤務を考えていなかったけれど、会社がシンガポールを皮切りに、中国、タイ、ベトナム、インドネシアと海外進出する中で、海外駐在で活躍する先輩や同期に刺激され、海外で働いてみたいと思うようになった。実際に、海外での業務経験を積める選択肢があるのが、三井物産グローバルロジスティクスの魅力の一つだと思うな。
現場をよりよいものにするものであれば、若手であろうと、提案が受け入れられ、実現につながる職場です。そこも魅力の一つだと思います。僕自身、現場力の高さとクオリティを会得し、“現場も熟知した人材”として、将来、国際物流に関われたらと思っています。
以前から話していたと思うけれど、業務の専門知識はもちろんのこと、これからはITの知識や語学力も必要不可欠になると思うので、それらを鍛えて、お互い次代の三井物産グローバルロジスティクスを背負って立つ人材に成長していこう!
赤羽 建亮Kensuke Akabane
入社後の新人研修を経て、本牧第一流通センターに配属される。1年目は事務オペレーションを経験し、2年目に大手健康食品メーカーの通販業務における輸出向けの主担当となる。
林見 康平Kouhei Rinmi
入社以来、アパレルから家財、一般貨物までのBtoB業務、アイディア雑貨や健康食品などのBtoC業務を担当。入社6年目に、青島での語学(中国語)研修後、中国・上海に派遣され、中国国内のインターネット通販(EC)業務や日本のアパレル店舗向けの輸出業務に携わる。現在、大手健康食品メーカーの通販業務に携わり、国内向けを担当する。

※掲載内容および社員の所属は取材当時のものです。