新卒採用サイト

「総合物流」の進化をともに。

Message

グローバルな視点をもった人材として、
国内外の物流ステージを誰よりも速く、強く、
先陣を切って駆け廻ってほしい!

取締役専務執行役員
経営管理本部長
竹森 一哉Kazuya Takemori

三井物産グループの一員としての
国際総合物流カンパニー

2017年4月に、トライネット(TNJ)とトライネット・ロジスティクス(TNL)が合併し、三井物産グループの物流中核会社として、三井物産グローバルロジスティクス(MGL)が誕生しました。TNJはグローバルネットワークを駆使した、鉄鋼製品・プラント設備の国際輸送サービスが強みです。一方のTNLは国内に約69万平方メートルの倉庫・物流センターを運営し、アパレル・健康食品・生活雑貨関連の国内流通サービスを得意とする会社です。
三井物産グローバルロジスティクスは二つの会社の強みを融合し、国内外の物流ネットワークを活用するとともに、三井物産グループの一員として商社機能をフルに活かすことで、他の物流会社にはない独自のビジネスモデルを構築していくことができると確信しています。商社系国際総合物流カンパニー、これこそが当社の強みであり、特徴だと考えています。

お客様の未来をお届けする
Global Logistics Partner

今後の目標としては、まず国内においては倉庫・物流センターの規模拡充を目指しています。海外においては、国内現場力で培った流通サービス機能を海外企業に展開し、国際輸送サービス機能を融合することで、さらなる海外展開の強化を図っていきます。またIT戦略の強化も重要な課題の一つです。ロボティクスや自動倉庫の導入による省人化など、IT投資も不可欠になっています。
三井物産グローバルロジスティクスは、国内・海外・IT分野の強化を図ることで、お客様の未来をお届けするGlobal Logistics Partnerを目指しています。そのためには、つねにThe Number One ICE-Breaker(砕氷船のように力強く前進し、場を和ましながら、お客様の悩みを解決する人)でありたいと思っています。

偶然を必然に変えられる
Serendipity能力を求める

私たちが求める人材像は、健康で素直で明るく、つねに努力を惜しまない人間味のある人です。入社前に物流知識や特別な知識・語学力は求めません。むしろ、自分のSerendipity(セレンディピティ)能力を高めていける人を求めています。Serendipityとは、偶然を必然に変えることができる能力のことです。世の中には成功するチャンス(偶然)は、数多く転がっています。しかし、その偶然を全ての人が活かせてはいないのも事実です。偶然は必然であり、チャンスを活かすための努力を惜しまないことが、一番大切な人の能力だと信じています。
もちろん、三井物産グローバルロジスティクスでは、グローバル人材の育成を目指し、さまざまな制度を充実させています。次期経営人材養成研修(国内MBA研修)、ミッション・コンプリート研修(海外)、実践英会話留学(海外での集中語学研修)など。ミッション・コンプリート研修では、海外現地で与えられたテーマをチームで解決し、達成感を体験するユニークな研修も行っています。このように個々の能力を高め、スキルアップ・キャリアアップを図るためのサポート、機会の提供を積極的に行っています。

グローバル物流人材を目指し、
未来のMGLを共に創りましょう!

三井物産の基本理念である「自由闊達」「挑戦と創造」を継承した総合物流会社であり、皆さんが活躍するステージとして、多くの可能性を持った会社だと自負しています。学生時代に一般教養を学び、礼儀・健康を尊び、貴重な経験を積んできた皆さん、三井物産グローバルロジスティクスのビジネス・ステージを利用し、グローバルな物流人材を目指しませんか?また一方で、海外ビジネスの展開には、国際法務・会計税務・IT技術などの専門知識も必須です。こうした専門知識を学んだ学生の皆さんも大歓迎です。
ぜひ、当社で皆さんのSerendipity能力を高めてください!多くの人との出会いを待っています。